サイトナビゲーション【SiteNavigationElement】構造化データ作成


[{
"@context": "https://schema.org",
"@type": "SiteNavigationElement",
"name": navtitle1"

",
"url": navurl1"

"
}

]
}


name,urlをまとめて記述

また、下記のようにまとめて記述する事も可能。ソースコードはまとまって分かりやすいが、果たしてGoogleがnameとurlのプロパティを紐づけて理解できるかは怪しいところ。

その為、一旦は"@type": "SiteNavigationElement"を量産して全てのナビメニューを分割した。
分割したことにより、ナビゲーションが多量にあるともとられそうだが、現状はこちらの方が無難かと思われる。

{
"@context": "https://schema.org",
"@type": "SiteNavigationElement",
"name": [
"navtitle1",
"navtitle2",
"navtitle3",
"navtitle4"
],
"url": [
"https://seory.info/1",
"https://seory.info/2",
"https://seory.info/3",
"https://seory.info/4"
]
}

※追加を希望するプロパティがあれば、問い合わせより。 構造化を目的とする一般的なウェブサイトとGoogle Developersを参照として、汎用性を精査した上で実装を検討することとする。