記事情報【Article】構造化データ作成


{
"@context": "https://schema.org",
"@type": "Article",
"mainEntityOfPage": {
"@type": "WebPage",
"@id": 正規ページURL *1"

"
},
"headline": "Article headline",
"image":関連画像 [
"

"
],
"datePublished": 記事投稿日"

",
"dateModified": 記事更新日"

",
"author": {
"@type": "Person",
"name": 記事の著者"

"
},
"publisher": {
"@type": "Organization",
"name": 著者の属する企業"

",
"logo": {
"@type": "ImageObject",
"url": 企業ロゴ"

"
}
},
"description": "A most wonderful article"
}


mainEntityOfPage の値

mainEntityOfPage の値には、
「Canonicalに指定しているURL」
一般的には記事の書かれているページを入力する事で解決する。

著作者の許可を得て同様コンテンツを配信している場合などにCanonicalの値が変動する場合やスマホサイトをセパレートURLで作成している場合などにはこの値を気にする必要があるだろう。